森羅の一雫 THE EVOLUTION 02 THE EVOLUTIONは、熟成にこだわった日本酒のシリーズです
森羅の一雫 THE EVOLUTION 02 THE EVOLUTIONは、熟成にこだわった日本酒のシリーズです

Prologue

南部杜氏の精魂と
自然水が潺々と流れる
静謐な岩窟が育んだ
森羅の雫- Breath of Forest

Design Concept

日本古来の伝統紋様

  • 奈良・平安時代に盛行した「宝相華」を
    ラベルにエンボス加工。
    縁起の良い美しい柄が際立つ、
    きめの細かい白い用紙を採用しました。

    ギフトやメモリアルなシーンに華を添えられるよう、
    朽ち葉色の上質な貼り箱に、
    艶黒の箔押しを施しています。
    試行錯誤を重ね、ボトルやボックスの
    「佇まい」にもこだわりました。

     

洞窟熟成

  • 香 り
    発酵由来によるヨーグルトの
    上澄みのような乳酸の香りを、たおやかに感じられる。
    口当たり
    綺麗でスッキリとした旨さが口中に広がる。
    口の中でころがすと
    優しい酸味が絶妙に調和し、
    やや辛さを感じつつも、
    熟成によるコクが極上の美味しさをかもしだす。
    温度帯
    冷酒~常温(5℃~25℃前後)がおすすめ。
    幅広い温度帯で、
    スッキリした飲み心地と
    軟水仕込みによる柔らかさを楽しめる。
    ペアリング
    白身の魚介類・貝類、山菜の炒め物や素揚げなど、
    素材の味を活かした料理全般。
    カルパッチョ、アサリの酒蒸し、竹の子の天ぷら、
    エイヒレ、クリームチーズ
     

Brewing Partner

吉野酒造誇り高き南部杜氏と蔵人による
手づくりの歴史を継承。

1830年(天保元年)創業の老舗酒蔵。
敷地内のほとんどの建物が、
国の登録有形文化財として登録されており、
先人の偉業と歴史を感じます。
日本三大杜氏の南部杜氏の技を継承し、
その熟練の技と繊細な仕事ぶり、
理想の酒造りへの深い洞察力と探究心とともに、
厳格でひたむきな気持ちは
杜氏や蔵人たちの
凛とした佇まいに表れ、
奥ゆかしい南部の誇りとなっています。
緑豊かな雄大な自然の中にある、
蔵元保有の洞窟は、
かの昔、おいしい酒を造ろうという一心で、
手で掘り造られたもので、
その長さは150mに及びます。

住所:〒299-5265
千葉県勝浦市植野571

 

実績

2021年
IWC2021(インターナショナルワインチャレンジ2021)・
SAKE部門 純米吟醸酒の部
純米吟醸ひとめぼれ 大会推奨酒受賞
2021年
IWC2021(インターナショナルワインチャレンジ2021)・
SAKE部門 純米酒の部 特別純米酒
ふさこがね 大会推奨酒受賞
2020年
令和2年東京国税局酒類鑑評会
清酒純米吟醸部門
腰古井 純米大吟醸 優等賞受賞
2020年
令和2年東京国税局酒類鑑評会
清酒純米燗酒部門
腰古井 純米酒 優等賞受賞
2020年
令和2年東京国税局酒類鑑評会
清酒吟醸部門
腰古井 大吟醸 優等賞受賞
2020年
令和2年東京国税局酒類鑑評会
清酒燗酒部門
腰古井 辛口 優等賞受賞
2019年
令和元年東京国税局酒類鑑評会
清酒純米吟醸部門
腰古井 吟の舞ソフト 優等賞受賞
2019年
令和元年東京国税局酒類鑑評会
清酒純米吟醸部門
腰古井 純米大吟醸生 優等賞受賞
2019年
平成30酒造年度 南部杜氏自醸清酒鑑評会
吟醸酒の部
腰古井 大吟醸 優等賞受賞
2019年
平成30酒造年度 南部杜氏自醸清酒鑑評会
純米吟醸酒の部
腰古井 吟の舞ソフト 優等賞受賞
2019年
平成30酒造年度 南部杜氏自醸清酒鑑評会
純米酒の部
腰古井 純米酒 優等賞受賞
2019年
IWC2019(インターナショナルワインチャレンジ2019)・
SAKE部門 普通酒の部
腰古井 推奨 銅メダル受賞
2019年
IWC2019(インターナショナルワインチャレンジ2019)・
SAKE部門 普通酒の部
腰古井 辛 銅メダル受賞
2019年
IWC2019(インターナショナルワインチャレンジ2019)・
SAKE部門 普通酒の部
腰古井 甘 大会推奨酒受賞
 
  • ギフトボックスに入れてお届けします